10万人の肌データから導き出した新事実

肌のキメや毛穴の特徴を分析するエンジニアとして、約10万人の肌データを分析してきました。
その肌データを乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つのタイプに分類し、どの肌タイプの方が多いか検証を致しました。
その結果、下記のグラフの事実が判明致しました。※それぞれの何年代ごとのグラフを見ることができます。

乾燥肌の原因は主にこの4つです。

・肌に負担が掛かる成分が配合されたスキンケア製品

洗顔料・保湿クリームなどに配合される合成界面活性剤などは多用すると、 肌を保湿する重要な油分が失われて乾燥させてしまいます。

・洗顔時の必要以上な洗浄

洗顔時にゴシゴシと強く洗ってしまうと、肌を傷つけ、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

・紫外線による肌への負担

紫外線を浴びることで、本来肌にあるバリア機能が低下し、肌は無防備で、刺激を受けやすい状態になります。 その結果、肌の内部に紫外線が侵入し、肌の乾燥が進みます。

・食生活、睡眠不足、ストレスなどの生活習慣

特に、睡眠時間は肌の乾燥に大きく影響を与えます。 なぜなら、睡眠時間が不足すると、成長ホルモンの分泌量も低下しお肌のターンオーバーが乱れます。その結果、肌の水分を保つ上で重要な、角質層に存在する「細胞間脂質」が角質層に存在しなくなりお肌の乾燥を招きます。

乾燥肌になると肌はこうなる!

肌が乾燥してしまうと、本来肌にあるはずのキメが失われます。 キメには保湿作用があるため、そのキメが失われるとさらに悪循環に…

キメの変化

10万人の肌データから導き出した新事実。 それは・・・ 肌のキメに焦点を当て、キメを維持することで 乾燥肌を防ぎ美肌を保つことができる。