コットン100%素材について

20170317

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

本日はお肌に優しいといわれているコットン(綿)素材についてまとめました。

・通気性が良い
綿は吸水性が高いため、水分を吸収して外に放出してくれます。

そのため下着などの素材によく用いられます。

・静電気が起きにくい
綿などの自然の素材は吸水性が高い為、静電気が溜まりにくいです。

・肌触りがなめらか
綿はとても微細な繊維のために、肌への引っかかりが少なく肌に優しいといわれています。

・夏は涼しく冬は暖かい
水分を吸い込み外に放出する際に気化熱を奪う為、汗をかくシーズンには涼しく着ることができます。また、素材自体は熱伝導率が低いため寒い時期は体の熱を温存することができます。

・素材が丈夫なため服が長持ちする
強度が強いため、洗濯を繰り返しても素材が痛みにくく、服が長持ちします。

・洗濯や漂白がしやすい
綿素材のものは濡れても弱くならないため、洗濯に耐えることができ、色が染まりやすいため漂白剤も入りやすいです。

デメリットとしては、

汗で黄ばみやすい

化学繊維などに比べ価格が割高である

洗濯でシワになりやすい

などがあります。

しかし総体的に考えるとメリットが大きく、肌に優しい素材です。

着用する服の素材が肌に負担をかけている可能性もある為、

身体が痒くなる、乾燥するなど肌トラブルのある方は

下着など肌に触れる部分の素材を綿100%にしてみてください。

また、衣服の裏についているタグは擦れて肌負担になるので、

切り取る事をオススメします。

枕や布団の素材も寝ているあいだ顔に当たります。

肌負担を減らす為にはコットン100%素材に変えられてみてはいかがでしょうか。

長文をお読みいただきありがとうございました?✨

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 11 =