マラソン頑張りすぎて、老化を早めないように!

mv_006

今日は京都マラソンですね。
最近は周りでもマラソンブームでいろんな大会に参加し、
完走する目標・ベストタイムを更新する目標・・・
個々の目標を持って、毎日、頑張って走っておられる方が多いかと思いますが、
かえって老化を早めたり健康を損なう原因になったりする場合があります。

都市部の場合、車の排ガスにさらされ、
知らず知らずのうちに大量の排ガスを吸い続けることになり、
カラダにはよく無いと思いますし、紫外線のリスクもあり、
当然肌にも良くありません。

カラダに大きく負担がかかるようなスピードの走り方をしている方は、
活性酸素が大量に発生します。活性酸素はいろんな細胞を傷つけて最終的に老化を早めることになります。

年齢的に40歳以降の場合、
長い距離(30-40km以上)を速いスピード(時速12km以上)で走ることは、健康を害し、寿命を縮めて、心筋梗塞のリスクを高めます。

全く運動しないというのは良くないので、
1時間に約10キロ走るペースで、週に2~3日走る方が、
美容と健康には最適だと思います。

他の研究結果から、
ランニングとウオーキングを比較した結果、
15分間のウオーキングは、5分間のランニングと同程度の健康効果があることが分かっています。15分のウオーキングによって寿命を3年延ばす効果が得られる可能性が示され、推奨されるウオーキングの時間は30分。

私たちは、美容と健康の観点からアンチエイジングを考えますので、
年齢とともにカラダの仕組みを考えるとエコシステム化が大切です。
過度な運動で活性酸素が増えることは老化につながりますので、
高血圧や高コレステロール、糖尿病を予防するために
エネルギー消費を効率良く消費させる軽度な運動が、
美容と健康のために良いと考えています。

美容と健康のために、
1度、京都マラソンに挑戦してみたいと思います^^

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − nineteen =