目の紫外線対策も忘れずに!

健やかなキメのあるお肌づくりをサポートしているキメラボです✨

紫外線対策☀は肌だけを守る対策になりがちですが、
これからの季節、屋外で長時間過ごす場合は目の対策も大切です。

目👀の角膜には、紫外線をブロックする役割が備わっていますが、強い紫外線(UV‐B、UV‐A)は、角膜を通り越して目の奥まで届いてしまいます。

屋外で大量の光を浴び続けると、目の奥にある水晶体や網膜が紫外線で傷ついてしまい、角膜炎、白内障、加齢黄斑変性といった目の病気を引き起こす原因になることもあります。

<目の紫外線対策>

① UVカット加工されたメガネ・コンタクトレンズを使用🕶

紫外線を浴びることによって目の角膜が炎症を起こすと、その炎症刺激が脳下垂体(様々なホルモン分泌のコントロールタワー)に伝わり、メラニンを作って防御しなさいという命令が全身に伝えられます。

本来、メラニンは紫外線から肌細胞を守るものですが、過剰に生成されると、色素沈着を起こし、シミになってしまうので、普段メガネを必要とされてない方もUV加工されている伊達メガネなどを着用し、紫外線対策してください。

色が濃いレンズは瞳孔が光を取り込もうと大きく開き、サングラスをかける前よりも逆に日焼けしてしまう恐れがあるため、薄い色味のサングラスを選ぶよう注意しましょう。

② 帽子や日傘を使う👒

帽子は、目に入る紫外線を30%程度、防いでくれます。

最近では男性でも日傘を使用する方も少しおられます。

③ 目にいい食べ物を積極的に摂る🥦

ブロッコリーやほうれん草に含まれる栄養素、ルテインは目の水晶体に存在する成分で活性酵素を除去する作用があります。年齢とともに体内で作ることができない成分なので食事(特に緑黄色野菜)から積極的に摂取する必要性があります。

アスタキサンチンは、ルテインと同じく活性酵素を除去する作用があります。その効果はビタミンEの約1000倍にもあたると言われています。

 

肌の紫外線対策はバッチリなのに、

目から入った紫外線で肌のメラニンが増えたら悲しいですね😭

肌も目もしっかり日焼け止め対策を行なってください🍀

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + six =