カラダが喜ぶウォーキング

20160311
ランニング、加圧トレーニング、ボクササイズ・・・。痩せるための方法はいくつかありますが、これら共通していることは我慢することが求められ、ストレスを感じやすいものばかりです。
美しさを引き出す上で、このストレスが1番の曲者。

過剰なストレスがかかると、それに対抗するために、コルチゾールというホルモンが多量に分泌され、カラダは戦闘モードになると言われています。血圧や血糖値が上がるのはそのためです。
このコルチゾールは、女性ホルモンの邪魔をして、老化を早めてしまうと言われています。

最近、よく眠れない・・・。
最近、ストレスで太ってきた。
最近、肌荒れしていて口周りにニキビが多い。
最近、これらの症状がある方は、
もしかしたらコルチゾールが増加している警報かもしれません!

無理な運動よりもウォーキングしながら景色を見て、
正しい姿勢で正しく歩くことで体幹が鍛えられます。
そして骨格のゆがみが改善されて、卵巣から女性ホルモンの分泌がスムーズになり免疫力、美肌力が高まりことになります。

最近の研究では、
私たちが生まれながら持っている免疫の中心的役割であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、ストレスや激しい運動を続けると低下し、逆に適度な運動や笑顔によって高まることが明らかになってきています。

歯を食いしばって限界まで走るより、
正しい姿勢で楽しく歩く。
これが美と健康への近道です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =