HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法

20170120

いつもキメラボ ジャーナルをご覧いただきありがとうございます♪

haruhoです?

今日は、HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法についてご紹介します。

HSP(ヒートショックプロテイン)とは熱ショックタンパク質のこと。

体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。

ストレスや病気でタンパク質が傷つくと、様々な不調が起こります。

この傷ついたタンパク質を修復し、元気な細胞に戻してくれるのがHSPです。

HSPはもともと体内に存在しますが、加齢とともに減少します。

また、傷ついたタンパク質を修復するには、より多くのHSPが必要になります。

HSPを増やす為に効果的なのが、身体を温める事です。

中でも入浴が一番効果的といわれています。

HSPの具体的な効果は

脂肪燃焼、コラーゲン減少抑制、代謝力アップ

乳酸の産生が遅れ、疲れにくくなる

運動能力向上、免疫力アップ、気持ちを前向きにするなどです。

入浴方法

1.40のお湯ならば20分、41ならば15分、42ならば10分つかる。この時の体温は38が理想的。

2.入浴後は上がった体温を保持する。タオルケットやバスローブで1020分保温します。保温中に冷たい飲み物を飲むのは我慢してください?

3.保温後は自然に体温を戻す。冷たい飲み物を飲んでもOK

HSPの最大の効果がでるのが、入浴法を行ってから2日後といわれています。

その為、2HSP入浴法を行うのが理想的です。

即効性があるものではないので、長く続けることで少しずつ体質改善につながります。

長く続けると耐性ができ、体温が思うように上がらなくなってきます。

そうなった時は、1-2週間お休みして再開してみてください。

また、入浴剤を入れたほうが、体温の上昇が早くなるのでオススメです。

美容にも健康にも最適なHSP入浴法、是非お試しください☺️

お読みくださりありがとうございました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =