アジャスタローションに配合しているダマスクバラ花水

バラ画像

「バラの女王」ダマスクバラ

アジャスタローションの主成分に配合されているダマスクバラ(ダマスクローズ) についてご紹介します。 ダマスクバラは世界に2万種以上あるバラの中でもっとも香り高く、かつてクレオパトラも愛したと言われ「バラの女王」とも呼ばれています。

世界中で栽培される中でもブルガリア産のダマスクバラが特に香り高く、高級ブランドの香水にも使用されています。ダマスクローズの収穫は開いた花よりも、香りをいっぱい蓄えているつぼみの方が良く、朝早く太陽が昇る前に収穫されます。収穫した後、水蒸気蒸留法でローズオイルが作られ、 一緒に出来るのがダマスクバラ花水です。

バラの代表的な3つの香り成分

【香り成分1】ティーローズエレメント:安眠・鎮静、美肌効果
【香り成分2】ネロール:女性ホルモン分泌を促進、リラックス効果
【香り成分3】ゲラニオール:抗菌、皮膚弾力回復、不安抑制、体臭や口臭を抑えてくれる

カラダの内側・外側から効果

ローズウォーターとして、
内側に取り入れる場合、ホルモンバランスの調整、花粉症予防、二日酔い、生理痛、体臭を抑える効果があると言われています。バラは昔、フランスや中国、世界中で薬として扱われていたことから、 肝臓、子宮の強化に聞くことが判っています。

化粧水などとして取り入れる場合、優れた保湿効果があり、どんな肌質の方にも合うので、お肌を整えてくれます。 抗酸化作用、抗菌作用もあり、ニキビや傷にも効果的です。リラクゼーション効果もあり、鎮静作用、ストレス緩和、 更年期障害、高揚作用が期待されます。

IMG_1132

上記はアジャスタローションの全成分を表記した画像です。

水を加えず、ダマスクバラ花水を主成分に

多くの化粧水の主成分を見ていただくと、
最初に水、BG、グリセリン、、、、と表記されているものが多く、
その成分で容量の90%近く占めています(もしくはそれ以上)。

成分表記は薬事法で規定があります。
1%以上配合されている成分は、多い順番に表記することが義務付けられています。
1%以下は順不同です。

キメラボのアジャスタローションは、水を主成分とせず、
ダマスクバラ花水、アロエベラ葉水、ゲットウ葉水・・・という順番で成分が配合されています。

水は1リットルあたり約100〜150円とすると、
ダマスクバラ花水は、その30倍近いコストが掛かります。

私たちは、高品質なものを出来るだけ低価格で展開し多くの方に使用して頂くために、
店舗での直販、ネットの直販に拘っています。
中間に流通コストが増えると、それだけで価格に全て跳ね返る(高くなる)からです。

今後、日本でもダマスクバラの栽培が沢山増えていけるように私たちは活動していきます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − five =