沖縄の植物「月桃」のパワー!

DSC02065blog

キメラボのアジャスタローションに配合している沖縄の植物「月桃」から、PAK阻害物質が発見されたという記事を見ました。
PAKとは老化やガンを誘発すると言われる物質です。

月桃は、沖縄全域に生息する植物で、琉球時代から和漢や防腐剤として重宝され、保湿効果や皮膚の炎症を抑制する効果があると言われています。
またポリフェノールが赤ワインの約30倍も含まれているので、抗酸化力が高いことから、エイジングケアとして期待されています。

今回、老化阻止の力もあることが分かったので益々、月桃の秘める力に期待が高まりそうですね!

キメラボのアジャスタローションにも月桃を配合していますが、
成分配合順で言うと、
1番目ダマスクローズ
2番目アロエ
3番目月桃・・・

月桃は薬草の独特の匂いがあり、好き嫌いが分かれますが、
アジャスタローションは、上記の通りダマスクローズ水を1番多く配合しているので、ベースはバラの香りで、月桃はほのかに香りが漂う感じです。

月桃の持つPAK阻害成分が肌の老化に働きかけ、実年齢より肌を若く保てるのではないかと期待が高まる中、是非アジャスタローションで月桃パワーを実感してみてください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =