ほうれん草と大豆で乾燥しらずの肌に

20170423

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

キメラボの10万人の肌データから、約7割の人が乾燥肌という結果が出ています。

無理なダイエットや栄養バランスの偏りも乾燥肌を招く原因のひとつです。

乾燥肌を内側から保湿する為にはビタミンAやたんぱく質の多い食品がオススメです。

特にオススメの食材はほうれん草と大豆です。

ほうれん草にはビタミンAが豊富に含まれています。

レシピ: ほうれん草のお浸しや、ほうれん草のごま和えなど

大豆は植物性の良質なたんぱく質が摂取できます。

納豆、豆腐、豆乳などで摂取しましょう。

レシピ:豆腐の味噌汁、豆乳グリーンスムージーなど

こちらの2つの食材を組み合わせたレシピもご紹介します?

✨ほうれん草の白和え✨

材料: ほうれん草 1/2束

         木綿豆腐 1/2丁

         ●黒砂糖(なければ白砂糖でも可)大さじ1

         ●薄口醤油 大さじ1

         ●すりごま 大さじ1と1/2

木綿豆腐はざるに入れ水を切り、ふきんでよく絞ります。

ほうれん草は塩をひとつまみ入れた熱湯で茹でて冷水につけた後、3センチ大にカットし水気を絞ります。

豆腐を粗く潰し●の調味料を入れたらほうれん草を加えよく和えたら出来あがりです❣️

(人参としめじがあれば加えるとより一層おいしくなります?)

ほうれん草と豆腐で内側から保湿してみませんか?

本日もお読みくださりありがとうございました?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − ten =