カラダにいいチョコレートの選び

京都で「お肌のキメづくり」をサポートしているキメラボです。

もうすぐバレンタインデーですね🍫
スーパーやコンビニで様々な種類のチョコレートが溢れていて何を選ぶか悩みますが、せっかく食べるなら美と健康にいいチョコレートを選びたいですね💗
今日はカラダにいいチョコレート選びについてご紹介します🍀

チョコレートの原材料チェック

チョコレートを買う際にチェックしたいのが原材料表示。
原材料表示は多く使われている食品の材料から記載し、最後に添加物が多い順に表示されています。

安価なチョコレートはコスト削減するために安価な原材料が使用されています。最初に砂糖の記載がされているチョコレートが多く、次に添加物に乳化剤や香料が使われているパターンが多いです。

白砂糖の危険性は言うまでもありませんが、ガンのエサにもなり慢性的な砂糖中毒に陥ります。白砂糖が多く含まれるチョコレートを食べることにより、身体がだるい、イライラする、疲れがとれない、甘いものを欲する、アレルギー反応がでやすいなどの不調があらわれます。

次にチェックしたいのが添加物。
オーガニックのチョコの中にも危険性の低い添加物が一部含まれる場合もあります。チョコレートを生産する業者にとってコスト・手間の削減、賞味期限の確保、風味を良くするための添加物は必須になっています。
チョコレートに含まれる代表的な添加物には下記のようなものがあります。

・植物油脂
・香料
・乳化剤
・レシチン
・アスパルテーム
・スクラロース
・トレハロース

など

植物油脂が多く使用しているチョコレートを食べると、
植物油脂に含まれるトランス脂肪酸を多く摂取することになります。
その結果、血中コレステロール値を上げる、血液中の悪玉コレステロールが増える、体内に活性酸素が増える、ガンや動脈硬化といった病気を引き起こす
などの原因になります。
(既にアメリカやヨーロッパではトランス脂肪酸は規制されています)

香料や、乳化剤などの成分は一括表示なので何が使われているか分からないので、
それらが配合されていないものを選ぶようにしましょう。

カラダに負担の少ないチョコレートは?

・カカオ70%以上

・白砂糖不使用

・危険性のある添加物不使用(人工甘味料や合成着色料など)

・オーガニック原料である

・使われている原材料がシンプル

バレンタインデーでチョコレートを選ぶ際、
最低限上記のような基準で選ぶといいでしょう❗️

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 6 =