シナモンがもたらす効果

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

シナモン(桂皮)は、スパイスの王様とも呼ばれるくらい豊富な栄養成分が含まれています。

今の季節、体が冷えることによって血流が悪くなりますが、シナモンを摂ることで血管を拡張させ、血液の流れを良くする働きがあります。また、シナモンには毛細血管を保護する役割を持つため、毛細血管の減少や損傷から起こるシミ、シワ、たるみの予防・解消の効果も期待できる様々な効能のある食品です。

ちなみにシナモンは全植物中第2位と言われるほど抗酸化力に優れています❗️

<シナモンに含まれている主な栄養素>

・ビタミンB1
代謝を助けてくれるビタミンです。皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きもあります。
・ビタミンB2
ビタミンB1と同じく皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。
・ナイアシン
栄養素をエネルギーに変えたり、アルコールを分解する、動脈硬化の予防に働いてくれます。
・カリウム
ミネラルの一種で余分な水分を排泄してくれる働きに優れています。
・カルシウム
骨の生成に欠かせない成分です。
・マグネシウム
骨や歯の形成に不可欠です。
・鉄
血液の赤血球をつくるもととなります。
亜鉛

味覚を正常に保ったり、体の各機能調整するのに欠かせない栄養素です。

シナモンは温め作用が高く、血管にも良い食材

寒い時、ホットコーヒーを飲んで温まるのも良いのですが、冷やす陰性の作用が強い食材なので、冬場に飲むならシナモンが入ったチャイがオススメです☕️

シナモンは冬場に重宝するお薬のような存在です。
飲み物に入れたり、料理やお菓子作りなどにも活用してカラダに取り入れてみてください🎵

摂りすぎに注意!

シナモンを摂れば温まる、とは言っても摂りすぎるのは良くありません。
シナモンの摂取量は2~3日に1~3g程度で十分です。過剰摂取をし過ぎると、シナモンに含まれるクマリンといわれる成分の影響で、肝障害を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 4 =