ヒトは腸に動かされている

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

ヒトが誕生する時、最初につくられるのは脳でも心臓でもなく腸がつくられます👶
腸が”第二の脳”と言われていますが、それは単に食べ物の栄養を吸収し、便💩として排泄するだけの器官ではなく、様々な情報を受け取る神経細胞が張り巡らされ、脳から独立して働くことができる唯一の臓器だからです。

カラダの免疫細胞は腸管に約70%集中し、有害な細菌やウイルスを腸で撃退して体内に吸収させないようになっています。また脳内の神経伝達物質のハッピーホルモンと言われるセロトニンは約90%が腸で作られていますので、ストレスが強いとその影響をもろに受けやすいです。

急激なストレスや緊張などでお腹の調子が悪い時がありますが、脳は鈍感だったり嘘をついたりするので、腸が先回りして反応し、脳で自覚する前にシグナルを発するようになっているためです。

<一般的に健康なヒトの腸内細菌>

・20% 美と健康に有益な善玉菌

・10% 老化進める悪玉菌

・70% 善玉や悪玉に加勢する日和見菌

年齢を重ねるとカラダの老化とともに腸も老化し、善玉菌の数が減少し、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります。いつまでも健康で、肌も体型も若々しくあるためには、意識して腸を若く保つことが大事です❗️野菜不足、肉の食べ過ぎ、運動不足、喫煙、過度の飲酒といった生活習慣によって腸内環境は悪玉菌が優勢に傾き、腸の老化を進めます。

これまで肌タイプ、肌の常在菌を分析してきた結果から、
同じような食生活🍴を送っている人は、
同じような行動、同じようなことで悩む傾向があるのではないかと思うのです。

腸の中に入ってくる食べ物の違いが、
その人の進む方向性に違いとなって現れると言えるのです。
例えば、🍔ファーストフード好きな人、🍖肉ばかり食べている人、🍅ベジタリアンで野菜だけ食べている人、それぞれ同じような思考、同じような覇気で理想を唱え、同じような願いと悩みを抱いているように思います。

人の行動や性格は
食べ物によってある程度、
コントロールされているという事実が想像できます。

ヒトの誕生は腸で始まり腸で終わる。

私たちは実は腸に動かされていることを知ると、
もっと腸内細菌に優しく喜ばれる生活習慣をする気持ちが自然に強くなっていきますよ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 3 =