フルーツを食べるタイミングと食べ方について

20170525

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

本日はフルーツを食べるタイミングと食べ方についてです?

食後のデザートにフルーツを食べる方も多いかと思います。

しかしこの食事方法は栄養の面を考えると損をしています。

通常の食事は消化し腸に届くまでに3-4時間を要しますが、

フルーツの場合は消化して腸に届くまで30-40分と言われています。

食後のデザートとしてフルーツを食べた場合、胃は混乱を起こします。

本来ならすぐに消化されますが、食事の消化が先に優先されてしまう為、

フルーツは胃の中に長く留まってしまい栄養が十分に身体に取り込まれない事になります。

また、フルーツのアルカリ性が消化能力を弱めてしまい、消化不良を起こしかねません。

フルーツを食べるベストタイミングと食べ方とは?

空腹時にフルーツのみを食べるという方法がオススメです✨

更に午前中は体内における排出と浄化の作用が高まります。

フルーツの酵素が更に体内の浄化を後押しします。

朝食時、お腹になにも入っていない状態でフルーツのみを食べると

効率的に栄養を吸収でき、早い消化が期待できるので1日のスタートの食事として最適です✨

朝食時以外にフルーツを食べる場合は事前に食べたものの消化時間を逆算し、3-4時間空けてからフルーツを食べるといいようです。

夏はビタミンCやビタミンE、βカロチンが豊富なマンゴーがオススメです☀️

タイミング、食べ方に気をつけて

効率的にフルーツの栄養を体内に取り込めるといいですね✨

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =