光毒性のある食べ物にご注意を

20170531

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

光毒性のある食べ物を摂取した後、2-6時間はいつもより多く紫外線を吸収してしまいます。

光毒性物質としてソラレンという成分が挙げられます。

ソラレンはどの食べ物に多く含まれるのでしょうか。

果物  主に柑橘系はすべて含まれます。

レモン、オレンジ、みかん、グレープフルーツ、キウイ、アセロラなど

野菜  きゅうり、セロリ、ジャガイモの芽など

香味野菜 パセリ、しそ、三つ葉、パクチー、コリアンダーなど

以上の食べ物はできれば朝食には避けたいものです。

では逆にソラレンが少ない食べ物はというと

果物ではりんご、バナナ、いちご、すいか、ももなどです?

紫外線の多い季節はソラレンをあまり含まない朝食で、美白肌を保ちたいですね✨

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − 3 =