夏の間に肌は老化⁉︎この時期のケアが大切

image

お盆休みも終わりましたね。

旅行疲れや寝不足等、どっと疲れが出てくるのがお盆明けです。
夏場の紫外線ダメージの影響もこれから秋にかけて
はっきりと肌に現れ始めます。

多くの女性が夏の終わりに”肌が老けた”と感じる事があり、
肌の乾燥、ゴワつき、くすみ、シミ等を実感しています。

なぜ夏は肌が老けるの?

その理由は大きく分けて4つあります!!

《紫外線からのダメージ》
紫外線によるメラニンの生成により、シミやシワ、くすみ。
肌内のコラーゲンがダメージを受け肌の弾力が低下、しわ、
たるみの誘発にもつながります。

《メイク崩れや皮脂による肌の酸化》
汗で落ちないように工夫された化粧品や日焼け止めは
肌に残りやすく、皮脂と混ざって酸化しそのままシミ等に
なる恐れがあります。

《冷房や飲料による冷え》
体が内から冷えてしまい、夏の紫外線で傷ついた細胞を
修復しようとする肌の再生を妨げてしまいます。

《寝苦しさからくる睡眠不足》
眠っている間、日中に受けたダメージを回復させるので、
質の良い睡眠がとれないと肌はダメージを受けたままに
なってしまいます。

本格的な乾燥シーズンに突入する前に
カラダの内側からクリアな状態にすることが大切です。
特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、抗酸化作用が強く、
色素沈着を抑える働きがあるので肌の老化防止に役立つと言われています。
ビタミンAは《にんじん・ほうれん草・レバー・しそ・うなぎなど》
ビタミンCは《赤ピーマン・トマト・いちご・レモン・キウイフルーツなど》
ビタミンEは《アボガド・ナッツ・豆類・モロヘイヤ・たらこなど》に多く含まれます。
また、ポリフェノールを多く含むブドウ・バナナ・米ぬか・ゴボウなど抗酸化作用の強いものもオススメです。

今の時期しっかりカラダの内側からもケアする事で季節の変わり目に起こりやすい
肌トラブルを防ぐ事ができます。

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + 14 =