“炭酸水+ブライトニングパウダー”で美白水

13518202_297149717291949_1786347167_o

今回、炭酸水の美容効果を活かして、
キメラボのブライトニングパウダーをプラスし、美白水を作ってみました。
ブライトニングパウダーは新型ビタミンC誘導体(APPS)が100%入っていますので、コラーゲンの生成に働きかけ、シワやたるみの改善、ニキビ跡のケア、シミ、くすみなどにも効果が期待できる成分です。

<炭酸水の美容効果>

1.肌への浸透効果
水に溶けた炭酸(溶解炭酸水)は小さい分子構造のため、皮下に浸透しやすいです。

2.血管拡張効果
炭酸が毛細血管に到達すると、血液中の二酸化炭素濃度が高くなります。
そうするとカラダは、その部分に新鮮な血液をたくさん供給するため、血管を拡張して血流を飛躍的に増加させます。

3.栄養・酸素の運搬、老廃物の除去効果
血流が良くなると、その部分に酸素や栄養がいきわたり、老廃物が血液によって運びされれます。
その結果、細胞が活性化し、新陳代謝や組織再生が活発化します。

炭酸水は今回、炭酸美容家の高橋さんにお願いして作っていただきました。

13517776_297149703958617_1693758836_o
まずはブライトニングパウダー(APPS粉末)を軽量ビーカーに
軽量スプーン2杯(敏感肌の方は1杯が適量)入れます。

※ブライトニングパウダーの付属品に軽量ビーカーと軽量スプーンが入っています。

13518158_297149683958619_235820289_o
軽量ビーカーに炭酸水10mlを入れて混ぜます。
(順番としては、先に炭酸水を入れてからブライトニングパウダーを入れたほうが粉が飛び散らないです)
出来上がった美白水は、コットンまたはフェイスパックに染み込ませて使用されると良いでしょう。

炭酸でよく誤解があるのは、
シュワシュワとした炭酸の泡が肌に浸透すると思われますが、
肌に浸透するのは泡ではなく水に溶けた炭酸(溶解炭酸)なのです。

2日に1回のペースで、
「ブライトニングパウダー+炭酸水」の美白水を1ケ月間使用し、
美肌効果を実感してみたいと思います。

その後の経過などまたお話しします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 14 =