断捨離・ミニマムな引き算のスキンケア

20151228
大掃除を機に、「断捨離」や「ミニマリスト」を知る方が多いのではないでしょうか。

「断捨離」とは?(wikiより抜粋)
不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。基本的にはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。提唱者であるやましたひでこによる造語である。

断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる

「ミニマリスト」とは?
最小限主義者。
英語の最小限という意味を持つ「ミニマル」から。
合理的であることがミニマリストの特徴と言えます。
必要なモノだけを見極めて持つ姿勢を指します。

誰もが知っている『スティーブ・ジョブズ』

彼はミニマリストとしても有名で、彼の生活自体もシンプルなもので、無駄を省くことを徹底しました。

その一例が、私服のユニフォーム化です。毎日服選びに頭を悩ませる必要がないように、同じ種類の服を持っていました。

〜部屋の乱れは心の乱れ〜
部屋を片すことで、心がスッキリと軽くなる経験がありませんか?

これらを参考に、過剰なスキンケアも引き算しましょう。
クレンジング、化粧水、乳液、クリーム、ジェル、ピーリング、パック…
無ければいけないと思い込んでいませんか?
執着していませんか?
たくさんのケアが本当に必要ですか…?

本当に大切なスキンケアを見極め、最小限のスキンケアで肌力を蘇らせ、過剰なスキンケアは引き算することをおすすめします。

キメラボこだわりの製品でシンプルな引き算のスキンケアを始めてみませんか?
本当に大切なことだけ、大切にしていきましょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − five =