日本の化粧品輸出が初めて輸入を超えた

st-fig_06

日本化粧品工業連合会によると、2016年の日本の化粧品輸出額が前年比28.8%増の2676億円。
1985年以降、欧米を主とする化粧品輸入額が輸出額を上回っていましたが、
2016年の輸入額は3.7%減の2292億円となり初めて輸出が輸入を上回りました。

アジア向けの輸出が全体の88%を占めており、
そのうち香港が32%、次いで中国の20%、台湾の13%と続く。
香港向けの輸出が多いのは関税面の優遇により、
中国本土に対して香港を経由していると思われます。

輸出が増加した主な理由は訪日観光客の急増で、
官公庁の統計によれば、訪日中国人の7割が化粧品を購入し、
そのうち約5割は帰国後もECや購入代行を通じてリピート購入を続けているそうです。

日本製の化粧品は信頼性も高く、
アジア圏においては、肌質も日本人に近く相性も良いので、
中国市場の潜在力は今後も高まっていくでしょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − nine =