日焼け止めの使用でビタミンD不足に

20170712

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

脂溶性のビタミンの一つである「ビタミンD」は、
カラダのカルシウムの濃度を一定に保つ働きがあり、
カルシウムやリンの吸収を助け、骨の形成を促しますが、

このビタミンDについて、大阪樟蔭女子大学の研究で
「日焼け止めを“週に3日以上使用”」でビタミンDが欠乏状態になることがわかりました。

以下、毎日新聞より
——————————————————————-
20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合、血中のビタミンD濃度が常に「欠乏状態」になっていたことが、大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査でわかった。ビタミンDは日光に含まれる紫外線を浴びることで体内で作られ、骨の形成に関わる栄養素。不足すると、骨粗しょう症などになりやすくなる。同大では「直ちに病気になるわけではないが、ビタミンDを含む食品で補ってほしい」としている

研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食習慣などを調査した。その結果、日焼け止めを週3回以上使うグループの血中ビタミンD濃度の平均は、通年で基準を下回る「欠乏状態」だったという。厚生労働省によると、骨や健康を保つビタミンDの血中濃度の基準は1ミリリットルあたり20ナノグラム(ナノは10億分の1)以上で、それを下回る場合は欠乏状態とされる。

 また、1980年代の女性と比較した結果、血中のビタミンD濃度は通年でかなり低下していた。この頃から紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題となり、皮膚がんやしみ予防のための紫外線対策が普及した。同チームの津川尚子・同大教授(公衆衛生学)は「女性は日焼け対策で日光によるビタミンD合成量が少なくなりがち。サケなどビタミンDを多く含む食品を意識的に食べてほしい」と話している。
——————————————————————-
日焼け止めには肌にダメージを与える界面活性剤や防腐剤、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤が含まれています。
紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の商品やSPF/PAの数値が低いものでも例外はありません。
私たち黄色人種の肌は、白人と比較しても皮膚ガンに対してそれほど敏感になることはありません。
日焼け止めを必要以上に塗ることは、ビタミンD不足だけでなく、
肌を乾燥させ、慢性的なダメージを与えてしまうことになります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =