一般的な防腐剤の種類

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

多くの化粧品は何らかの防腐剤が配合されています。
防腐剤が配合される理由は、化粧品にカビや細菌の栄養になる成分が多く含まれているので、微生物の繁殖を防ぐためです。カビが生えたり劣化した化粧品を使用すると肌に深刻なトラブルをもたらしかねません。

薬事法では「基本的に化粧品は製造または輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状および品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質するおそれのあるものは使用期限を表示しなければならない」と定められています。

つまり、化粧品は未開封で3年間は品質が保てるようにつくられていなければならないのです。
このように、防腐剤を配合することで、菌が入って品質が落ちるのを防いだり、劣化したものを使って肌トラブルになるのを防いだり、長く使えるようにするための効果があります。

防腐剤は化粧品の品質を維持するために少なからず必要ですが、
防腐剤の種類によっては、肌に棲んでいる常在菌のバランスを崩し肌荒れの原因につながります。

今、使用している化粧品には、
どんな防腐剤が配合されているのか?1度確認してみてください。

<一般的に化粧品に使われる防腐剤>

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)

最近はパラベンフリーの化粧品を多く見受けられます。パラベンのイメージが悪いのは、厚生省(当時)が「アレルギーや皮膚障害を起こす可能性があります」とした102の成分を指定成分として表記することになったためです。実際はパラベンでアレルギーを起こす人は稀にいて1000人中3人くらいの確率だそうです。防腐性能としては抗菌性が高く、広範囲の微生物に対して効果があります。少ない含有量でも優れた防腐効果を発揮するという一面があります。パラベンにはいくつか種類がありますが、一般的に使用されているのは、「メチルパラベン」「エチルパラベン」「プロピルパラベン」「ブチルパラベン」の4つになります。

●安息香酸・安息香酸Na

安息香酸、安息香酸Naもパラベン同様、旧指定成分に指定されていた成分です。
海外のオーガニック化粧品に配合されていることが多いです。
香料として用いられる安息香(ベンゾイン)という天然樹脂の中に存在し、水に非常に溶けにくく、酸性がpH5以上になると抗菌性がなくなります。微生物を殺す殺菌作用はあまりありませんが、その増殖を抑える静菌作用は強く、食品にも使われている防腐剤のひとつです。

安息香酸Naは、水に溶けにくい安息香酸を、水に溶けやすくするために、ナトリウム塩にしたものです。pH8以上になると抗菌性がなくなります。

●デヒドロ酢酸Na

カビ、酵母、好気性菌の発育を阻止する作用があり、pHが中性付近の環境でも、ある程度の効果を発揮します。
乳酸菌、偏性嫌気性菌、グラム陰性菌に対しての作用は弱いです。

●ヒノキチオール

ヒノキの精油から発見された薬効成分で、日本の樹木では、ヒノキの仲間であるヒバの一種の「ヒノキアスナロ」に豊富に含まれています。特有の香りがあります。広い範囲の微生物に対して、強い抗菌性を発揮します。

●フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、もともと玉露に含まれている揮発成分として発見されました。天然のものから発見されたため、安全というイメージがあるかもしれません。
また旧表示指定成分に指定されていないため、パラベンを代用する防腐剤としてフェノキシエタノールを使うメーカーが増えています。

石油由来のフェノキシエタノールもありますが成分表示では植物由来がどうかわからない。
殺菌力がパラベンより弱い分、パラベンよりも多くの量を配合しなければ、防腐効果は得られません。

●プロパンジオール

植物デンプンを発酵させて得られる植物由来の成分です。
保湿性に優れていますが、グリセリンと併用すると相乗効果で保湿効果が高まります。
また、保湿効果だけでなく抗菌性もあります。

<プロパンジオール・グリセリン・BG・PGの角質水分量比較試験のデータ>
化粧品原料会社の岩瀬コスファ様よりグラフ引用

上記グラフをみても、グリセリンと相性が良いのは一目瞭然で、
プロパンジオール単体でもPGやBGより水分量が多いことがわかります。

キメラボのアジャスタローションに配合していますが、
プロパンジオールの現時点での安全性は、化粧品に配合される適用量において、肌の刺激性や毒性はなく、アレルギー(皮膚感作性)の試験も陰性で重大なアレルギー報告もないため、総合的に安全性の高い成分だと考えられます。

※プロパンジオールは、PG(プロピレングリコール)と名前が似ているので
同じ成分と思い込んで、肌の刺激性や毒性があると思っている方もたまにおられますが、
プロパンジオールは植物由来成分で、PGは石油由来成分で、成分特徴も違うので注意してください。

<化粧品に含まれる防腐剤注意点>

乾燥肌、敏感肌の方は防腐剤の成分に敏感に反応を起こす方がおられます。
そのような方に向けて「無添加」「防腐剤フリー」の化粧品が販売されておりますが、
化粧品を選ぶときは「防腐剤が入っている」ということだけにとらわれるのではなく、
自分の肌に合った商品を選ぶようにしてください。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =