しみの予防はメラニンを抑える成分を取り入れる

健やかなキメのあるお肌づくりをサポートしているキメラボです✨

しみは長年紫外線🌞を浴び続けたことによって起こるため、メラニンの生成を抑えるケアが大切です。

UVクリーム(SPF15以下がオススメ)、植物オイル(マカデミアナッツオイル、アルガンオイルなど)🌿、日傘で紫外線をブロックするのはもちろん、キメラボのブライトニパウダー(新型ビタミンC誘導体などメラニンの生成を抑える成分を化粧水や植物オイルなどで取り入れ、日々のケアに組み込みましょう。

※ビタミンC誘導体には、抗酸化作用やアンチエイジングの効果も期待できます。

ビタミンCは食事からも積極的に取り入れることで、しみの予防に役立ちます。
紫外線による活性酸素を除去できるため、特に日差しが強い春や夏は、季節の緑黄色野菜を積極的に摂るようにしてください。

もし、日焼けした場合は、ローズヒップオイルを使って日焼けケアするといいでしょう。
ローズヒップオイルに含まれるトレチノイン酸は、ターンオーバーを高める作用があるといわれ、お肌の再生効果につながります。

また、ローズヒップオイルはビタミンCが豊富で、シミや日焼けの原因になる色素沈着を抑える作用があり、お肌にハリを与える効果も期待できます

ローズヒップオイルで気をつける点は、酸化しやすいことです。

そのため、冷蔵庫での保存が必須です。光毒性(紫外線に当たるとお肌にダメージを与えてしまう)があるため、夜に使用するようにしてください。

<ローズヒップオイルの使用例>

ローズヒップオイルは、他のキャリアオイルや精油とブレンドすると、より使いやすくなります。

例えば、ホホバオイルやマカデミアナッツオイルは、酸化しにくい性質があります。

そのため、ローズヒップオイルにホホバオイルまたはマカデミアナッツオイルをブレンドすることで、酸化を遅らせる効果があります。

分量は、以下のようのお好みで大丈夫です。

・ローズヒップオイル(50%):ホホバオイルまたはマカデミアナッツオイル(50%)

・ローズヒップオイル(10%):ホホバオイルまたはマカデミアナッツオイル(90%)

しみは出来てしまってからで消せないので日頃のUVケアが大切です。

これからの季節、紫外線が強くなってきますので、しっかりUV対策を行いようにしてください🍀

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =