アトピーはカラダの根本を見直すこと

健やかなキメのあるお肌づくりをサポートしているキメラボです

アトピーの方はステロイド軟膏の塗り薬、ひどい人は飲み薬のステロイドを服用されているかと思いますが、なぜアトピーになるのかという根本的な原因に目を向ける必要があります👀

アトピーの症状は実は免疫の異常ではなく免疫自体は正常に働いている症状と言えます。その免疫をステロイド軟膏で無理やり抑え込んでしまえば、肌自体がステロイドなしではいられない状況にカラダが変化していくことになってしまいます。

アレルギー症状というのは薬を飲んでもその場しのぎであり、使えば使うほど不健康になっていくということを自覚しなければなりません❗️

ステロイド軟膏を塗ると一時的に炎症は抑えられますので、肌はキレイになりますが、無理やり免疫を狂わせているに過ぎません。

ステロイドはホルモン剤であると同時に石油から作られた薬で、脂溶性毒として脂肪や細胞膜や脳の中に蓄積され、長くとどまって慢性毒性を発揮します。ステロイド軟膏はアメリカFDAも発癌性を指摘しているほどです。

このようなステロイド軟膏の使用は止めた方がいいのですが、急に止めると薬漬けの肌がリバンドを引き起こし劇的に悪くなる場合があります。

アトピーを改善するためにステロイドでアプローチする時代はもう終わりにしましょう!

アトピーで起こる(全身性の)炎症を改善するためには、消化管へのアプローチが有効であることが最新研究で明らかになっています。

アトピーは、

●腸内フローラの乱れがある。

●腸の炎症が肌の炎症とリンクしている。

リーキーガット症候群と関連がある。

腸の壁のバリア機能が低下して、
食物アレルゲンが血液中に漏れてしまい、
炎症を起こすことが分かっています。

アトピーを根本的に改善するために、ステロイドやアレルギー薬を使わずとも、根本的にアトピーやアレルギーなどを改善できる方法がありますので、お悩みの方は1度キメラボまでご相談ください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − one =