化粧水を上手に使って保湿アップ!

12784665_961340253952317_1957375524_n
肌の角質層は外部から異物がカラダの中に入るのを防ぐ役割を果たしています。
その角質層は水分量によって、肌のバリア機能が左右されます。
正常に働いている場合、自らの保湿機能によって水分を約20%前後保っていますが、
保湿機能が弱まると角質層の水分量が減るので、乾燥肌、肌荒れになってしまいます。

しかし、角質層の水分量が約20%以上になると、多量の水分を吸収してふくらみます。
例えば、お風呂に入ると指の皮がふやけるような状態になるイメージです。
その時に一時的にバリア機能が低下するにので、
スキンケアの際に化粧水を十分、角質層へ浸透させることができます。
(お顔の表皮の場合、極端にふやけた状態にはなりませんが)

一時的に過剰な保湿状態をつくりことで、
化粧水を角質層に浸透させ、美肌効果につながります。
界面活性剤が配合されている化粧品を使用して、
無理やり成分を浸透させるよりも、精神的に安心ですね♪

化粧水で肌の保湿力をアップする方法として参考にして下さい。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + twelve =