春から必須のサングラスについて

20170409

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

紫外線の強い春から夏にかけて使用される方も多いサングラスについて?✨

サングラスには紫外線透過率によって効果が異なります。

紫外線透過率1.0%以下であれば99%紫外線をカットしてくれます。

サングラスには元々素材にUVカットが埋め込まれて作られたUVカット素材製品と

後でUVカット効果を付け加えたUVカット加工製品の2種類があります。

UVカット素材製品は壊れたり割れない限りずっとUVカットの効果が続きます。

しかし、UVカット加工製品は劣化するにつれ効果がなくなってしまいます。

サングラスを購入する際は気をつけ、

あまりにも古いサングラスはUVカット加工製品であればもう効果がなくなっている為

うっかり紫外線を浴びてしまう事になるのでご注意ください。

安価で買ったサングラスはその傾向も強くなります。

また、色の濃いサングラスのほうが効果が高そうですが、実は関係ありません。

UVカットの効果がなくなった色の濃いサングラスをかけると

瞳孔が開いた状態で紫外線を浴びる為、かえって危険になります。

水晶体まで直接紫外線が届いてしまうので白内障などの原因になります。

UVカット機能付きパーカーなども1年で効果はなくなる場合も多いので

毎年買い換えるなどしましょう。

服装のUVカット率はサングラスと違い、

白のほうが紫外線を通しやすく黒が1番紫外線を通しにくくなります。

春夏にアウトドアを楽しむ際は、

アウターはネイビーやブラックの服装を選ぶといいですね?

しかし黒は熱がこもりやすいというデメリットもあるので

暑い日は熱中症にご注意ください。

白を着たい場合、最近では紫外線カット機能のついた服も多い為、

そういった製品を購入するのがオススメです。

また、通気性の良い服は隙間も多い為、それだけ紫外線を通します。

日焼け止めと併用するなどして対策しましょう✨

本日もお読みくださりありがとうございました?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − nine =