深呼吸してミトコンドリアを活性

20151226
私たちの体内は、2つのエネルギ―から得る系統があります。
1つは解糖系で、もう1つがミトコンドリア系です。

解糖系は、酸素を使わず糖質を分解してエネルギ―をつくり出します。
ミトコンドリア系は、酸素を使って食事で得られた糖や脂肪などから
エネルギ―をつくり出します。

ストレスによって交感神経の緊張が持続しますと、
低体温になり、解糖系のエネルギ―が主体となって、
低酸素、高血糖の状態になります。
それがガンや糖尿病を引き起こす原因とも言われています。

ミトコンドリアが喜ぶ状態にする

ミトコンドリア系の機能が高まると、
高体温、高酸素、低血糖の状態になり、
ガン、糖尿病の予防につながります。

ミトコンドリアが喜ぶ身体の環境は、
・酸素を取り入れる→軽く運動、深呼吸
・体温を高く保つ→基礎代謝力アップさせる
・腹八分目
最低この3つを意識することです!

最近は、仕事が忙しくて、相対的に働く必要量の酸素を欠乏させてる方が多いです。
ミトコンドリアは酸素が好きですから、仕事の合間に深呼吸して、
ミトコンドリアを活動させることが大切です。

呼吸法

深呼吸は、緊張している時、焦っている時に、
浅く早くなってしまう呼吸を落ち着かせて、
心も落ち着かせる効果があります。
心が安定している状態は、呼吸もスムーズになります。
呼吸と心、そして体は別々に存在するものでななく深く関わっています。

吐く息に意識を向けて、吐く息と一緒に心の中の悩みや不安、
体の痛みなどが、体の外に出て行くイメージをします。
普段何気なくしている呼吸に意識向ける事ができれば、
自分の心と体の状態に気づくことができます。

<注意点>
ゆっくり深呼吸すること!
一度に沢山の酸素をいれると、ミトコンドリアがエネルギー変換できず
活性酸素として排出されてしまいますので!

美肌にも関係するミトコンドリア

肌の奥深い部分(真皮層)には、
肌弾力に非常に関連する線維芽細胞と呼ばれる部分があります。
その中にもミトコンドリアは存在します。
ミトコンドリアが多く存在している肌は、コラーゲンの生成が促されて、
肌弾力が保てている状態になります。

ミトコンドリアが喜ぶ生活は、
病気の改善や予防だけでなく、
美肌になる秘訣でもあります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 14 =