肌のハリを取り戻すために

京都で「オーガニック」+「サイエンス」の 化粧品を展開しているキメラボです。

35歳前後からにコラーゲンを生産する能力が衰えてきます。
コラーゲンが減少すると肌の真皮の下にある皮下組織を支えられず、
肌の弾力は失われ、顔のたるみの原因になってしまいます。
また、真皮から表皮への栄養の受け渡しもスムーズに行かなくなり、
肌のターンオーバーが乱れるため、シミやくすみができやすくなってしまいます。

加齢によって減少するコラーゲンを補うには、
コラーゲン鍋やフカヒレスープ、手羽先、牛すじなどがコラーゲンを多く含む食事として知られていますが、コラーゲンは体内でアミノ酸に分解された後、体内でタンパク質に生成されるので、経口摂取しても意味がないという見解もあります。(ただし、栄養がないとお肌が作れなので、手羽先でもお肉でもいいのでタンパク質は摂りいれる必要はあります)

そこで、
最近試しているのは、
コラーゲンペプチドのサプリメントを摂取する方法です。
キメラボはサプリメントをオススメしていませんが、
経口摂取で効率的に吸収することが難しいと言われるコラーゲンを
サプリメントで試しています。
まだ効果の是非は定かではありませんが。。。

コラーゲンを1日摂取する量に注意が必要です!
コラーゲンは胃の中でアミノ酸に分解されますが、
排出しきれない余分なアミノ酸は脂肪になり、セルライトの原因にもなります。
ニキビや肥満の原因にもなりますので、コラーゲンの1日の摂取目安量は5~10gと覚えておくと良いでしょう。
何事も過剰に摂取することはよくないです!

<肌のハリを取り戻すために>
◆内側からの対策
お肌のコラーゲンはタンパク質です。そのタンパク質はアミノ酸から生成されます。
低カロリー、高タンパクの鶏のささみ、大豆を摂るようにしてください。
旬の果物などからビタミンC(コラーゲン合成のために必須)を摂る。
コラーゲンの吸収効率が良いというでコラーゲンペプチドのサプリを摂る(現在試している段階ですが・・・)

◆外側からの対策
コラーゲンを作り出す繊維芽細胞の働きを活発にするために、
イオン導入美顔器でキメラボのブライトニングパウダー(ビタミンC誘導体)でケアしてください。

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − sixteen =