角栓パックは要注意!

20160418

毛穴の黒ずみが気になって、角栓パックを使用されている方を見かけます。
角栓パックは、毛穴の汚れ、毛穴に詰まる角栓がキレイに取れるので効果があるように思えますが、肌へのダメージがあり要注意です!

角栓パックは、剥がす時に肌が引っ張られ、それと同時に少し痛みが生じて、毛穴周辺の健康な肌の組織まで剥がしてしまいます。
そうなると、お肌のキメが荒れてしまいますので、余計に毛穴が目立つことになってしまいます。

そもそも毛穴の角栓は異物が入らないようにフタがされているので、角栓パックで角栓を取りすぎると、ポッカリ穴が空いたように毛穴が開き、汚れや雑菌が入り込みやすくなるため、ニキビや吹き出物の原因となり、負のスパイラルを引き起こしてしまいます。

<角栓の主成分>
約70%がタンパク質で、皮脂の占める率はその30%です。
角栓を溶かしてしまうような成分が配合されている化粧品は、肌の角質も溶かしてしまう可能性もあります。
角質細胞は脂を溶かすようなものでは、角栓を十分に取り去ることができないということです。

<角質の原因>
・ターンオーバーの乱れ
・角質ケアのしすぎ
・メイク・乳液など油性化粧品の多用

角栓パックの使用は、毛穴を目立たせる原因だけでなく、イチゴのように鼻の頭がデコボコになってしまうのでオススメしません。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − six =