運動した汗は美肌菌のエサになる

健やかなキメのあるお肌づくりをサポートしているキメラボです✨

お顔にはニキビの原因となるアクネ菌や肌のキメの細かさや潤いを守る〝美肌菌〟=表皮ブドウ球菌などの常在菌が約10億個棲んでいます。

(以前の参考記事:「美肌菌」づくりはスキンケアの第一歩)

美肌菌がしっかり働いてくれると皮脂や汗を分解してグリセリンを含む天然のクリームをつくるので肌は乾燥しませんが、
肌が乾燥するのは、洗浄成分の強い石鹸や合成界面活性剤配合のクリーム、乳液を多用することで、美肌菌が棲みにくい環境を自ら作っているからです。

また運動不足も乾燥肌の原因として考えられます。
日常的に汗をかく習慣が無くなり、汗腺の働きが低下し、いい汗をかいてないからです。

運動でかく汗は温熱性発汗と言って、エクリン腺という汗腺から出るサラサラした汗です。
サラサラの汗は美肌菌のエサになるだけでなく、肌に自然な潤いを与えてくれる天然の美容液です。サラサラの汗には黄色ブドウ球菌を殺菌するタンパク質の一種である抗菌ペプチドも含まれています。

一方でワキの下のアポクリン腺から出るベタベタしている汗はアレルギーを起こすIgE(ヒスタミンなど並びアレルギー反応において中心的な役割を果たす)や塩分を多く含み、痒みや炎症につながることがあります。

最近、運動不足でいい汗をかいてないなぁーと思ったら🏃‍♀️
美肌のためにも、定期的に20〜30分のウォーキングでうっすら汗をかく習慣を身につけてください☘

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =