11月から加湿器はマストアイテム!

image

人が心地良いと感じる湿度はだいたい55~60%ですが、11月後半にもなると
10%~20%まで低下していきます。
そのためこれからの季節、加湿器はお部屋の乾燥対策に役立ちます。
使用する期間としては11月~2月くらいが目安で、保湿効果以外に保温効果や
ウイルス感染予防なんかも果たしてくれます。
加湿器は大きく4種類に分かれており、それぞれの特徴があります。

【気化式】
消費電力が少なく、熱を利用しないため安全に使用することができます。
ただし、湿らせたフィルターに送風をあて加湿するという仕組みですので部屋の
温度を低下させてしまい、加湿速度も弱いものになります。
フィルターのお手入れや定期的な交換も必要です。

【スチーム式】
もっともメジャーなタイプで、加湿性能が高く、即効性があります。また、
部屋の温度も同時に上げてくれるものになります。
小さなお子さんがおられる家庭などでは、熱い蒸気が噴き出すためヤケドの
危険性があります。パワーがある反面、電力の消費が大きく電気代がかかってしまいます。

【超音波式】
デザイン性の高いものが多く、アロマオイルをプラスすることでリラックス効果も
期待出来ます。消費電力は少ないですが、加湿速度もその分弱くなります。
頻繁に手入れをし清潔に保っておく必要があります。

【ハイブリッド式】
気化式とスチーム式を組み合わせたものや、スチーム式と超音波式を組み合わせた
ものなど多機能な加湿器が多くあります。
デメリットとしては、様々な機能があるため音が気になる方がいたり、他に比べ
高額な商品になります。

毎年最新の商品が発売され、デザインや機能も幅広くなってきましたが、
使い方を間違えると逆効果ですので注意が必要です。

水道水に含まれる雑菌などをそのまま蒸気にすることで、肺にダメージを与え
過敏性肺(臓)炎と言う病気にかかる可能性もあるそうです。
その他、カビの予防の為にも、タンクの掃除・フィルター掃除はこまめにし、
除菌機能搭載の機種を使うなど心がけるといいでしょう。
また、肌に直接蒸気を当てても、肌の保湿にはなりません!
それどころか、逆に肌に水分を与えたことで蒸発しやすくなり、余計に乾燥を
招いてしまいます。
乾燥がひどい時期ですので部屋の加湿をすると共にスキンケア、ボディケアは
保湿性に優れたものを使用されることをお勧めします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =