生理周期とお肌の関係

20161124

こんにちは(*´-`)/末端冷え性のnaoriです。

みなさまのオススメの冷え性対策があればぜひ教えていただきたいです…。

今日は化粧品の成分から少し逸れて、生理周期とお肌の関係についてお話したいなとおもいます。

わたしは元々甘いものが好き&万年睡眠不足なのでお肌が荒れやすいのですが、生理前と生理中はその比ではなく…これは何か関係があるのでは?と調べたことがあります。

うっすらとホルモンバランスが崩れるから〜とは知っていたのですが、月経以外の期間に名称があるなんて高校時代までしりませんでした(´・_・`)

・月経期

・卵胞期

・黄体期

月経周期には大きく分けて以上の3つの期間があり、この期間によって肌の状態が変わるためお手入れも気をつけないといけないんです。

月経期(乾燥期)

生理中の期間です。血行不良により顔がくすみ乾燥もしやすいため、この期間は保湿が大事です。

肌が弱っているので、負担となる洗浄力の強い洗顔料などは避けましょう。

身体を冷やさないように暖かいスープや温野菜を取ると良いです。

鉄分はもちろん、ビタミンEを多く含むナッツ類やアボカド、かぼちゃ、ごまなどは血行促進とホルモン分泌作用があるのでオススメ!

また、ビタミンCはこの期間に不足しがちな鉄分の吸収を助けるので一緒にとると良いですよ(*´-`*)

卵胞期(美肌期)

月経期終了から7日間です。この時期は女性ホルモン"エストロゲン"の分泌がピークになるのでお肌の調子がとても良い時期。

肌状態が安定しているため、新しい化粧品を試してみたりダイエットをスタートするのに適しています。

卵巣や子宮が働きを活発にするために、この期間はヨガやウォーキングなど適度な運動に取り組みましょう。

また、卵胞・卵子の成長は夜間に行われるため十分な睡眠をとるのが好ましいです。

より良い卵胞・卵子を作るためには血液が重要なので、根菜類や魚介類など、たんぱく質や鉄分を積極的にとるのがオススメ。

黄体期(トラブル期)

卵胞期終了から月経期までの間です。この期間はプロゲステロンというホルモンにより、基礎体温が高く血流もよいですが、皮脂の分泌も増えるので肌トラブルが起きやすいです。

肌が脂っぽいからといって過剰な洗顔はNG。しっかり保湿もしてあげましょう。

紫外線の影響も受けやすいので念入りなUV対策も忘れないで。

また水分を溜め込みやすく、腸のぜん動運動も抑制され、むくみや便秘に悩まされます。

血流は悪くはないのでむくみに効くツボを押したり、ストレッチをすると良いですよ(´-`)b

デトックス効果のある食物繊維や、バナナ、ヨーグルト。ホルモンバランスを整える大豆製品を取りましょう。脂っぽいものや糖分、アルコールは避けたほうが良いです。

正しいケアで外側からも、内側からも綺麗になって肌荒れとおさらばしましょう(*´0`)ノシ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =