コスメ好きの女性はなぜキメがないのか

IMG_0247

10万の肌データから分析した結果、スキンケアに熱心な人ほど、肌のキメが磨耗している傾向があります。実際、6割近い方が、乾燥肌に該当し、洗いすぎ、乳液つけすぎ、リキッドタイプの化粧下地などに原因があることが分かってきました。
(上記画像はキメのある肌)

肌の表面は、約0.02ミリの薄い角質で覆われています。健康な肌は角質があるので肌内部の水分が保たれ、異物が中に入らない構造になっています。角質のバリアが壊れていると、化粧品に含まれている様々な成分が毛穴まで入り込み、異物を排除しようとして炎症を起こし、敏感肌になるということです。

IMG_0240

クリーム状の化粧品やリキッドタイプの化粧下地には、界面活性剤の成分が含まれているため、長年使用し続けると、角質のバリアを壊し、結果的に乾燥肌、敏感肌、くすみになります。
(上記画像はキメが薄くなっている肌)

また、油分の多い乳液・クリームで肌の皮脂膜を守るという考え方も間違っています。毛穴から出てきた皮脂は、時間とともに酸化し、くすみの原因になります。

キメラボのアジャスタローションは、油性成分を含まず、水性成分のみで製造し、植物の水分とハチミツ、植物性のグリセリン、セラミド、APPS(ビタミンC誘導体)などを配合し、このローション1本だけで十分保湿が保たれるよう作っています。

私たちは、女性がキレイになってもらうためにメイクは必要と考えています。
肌に負担がかからないメイク用品の選択や組み合わせなどを検証していますので、
またお話していきたいと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 14 =