肌のキメづくりは美肌へのカギ!

キメラボ断面図 のコピー
肌の表面は真っ平らではなく、「皮溝」という溝と「皮丘」という膨らみがあり、肌のキメをつくっています。

キメが整った肌は、キメの△(三角形)が連続して形成されて、皮溝と皮丘の大きさが均一になっているため、光の反射の力で肌を透明感のある白い肌に見せてくれます。
キメが揃っている肌は、水分と油分のバランスが良いので、肌を外部刺激(紫外線、化学物質、ウィルス)から守るバリア機能がしっかり働いています。

キメの整っていない肌は、キメの△(三角形)がまばらで、皮溝と皮丘の大きさ連続して形成がまちまちで統一性がありません。キメが整っていないと光反射による美肌効果も失われてしまい、くすみや黒ずみが目立つ肌になってしまいます。
キメが揃っていない肌は、皮脂のバランスが悪いので乾燥肌の方が多いです。

キメがつくれない原因は、
紫外線によるダメージ、
食生活(抗酸化高い食べ物不足、甘いもの食べ過ぎで糖化現象)、
睡眠不足の原因が大きいですが、
化粧品の場合、
浸透剤、合成界面活性剤、合成ポリマーの成分が配合されている化粧品の長期使用、洗顔方法の間違い、肌への圧力や摩擦がお肌のキメがつくれない原因として考えられます。

お肌のキメが無い方でも、
シンプルスキンケアを実践することで、
数ヶ月でキメを取り戻せます。

キメラボでは、
化粧品成分、食生活、生活習慣含めて、
キメづくりを研究しサポートしていますので、お気軽にお問い合わせしてください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − six =