育菌スキンケアでキメづくりを!

常在菌

肌の表面には、ブドウ球菌がたくさん存在し、汗や皮脂を食べて排出しています。
その排出した成分が天然のクリームとなって肌を潤わせ、病原菌や雑菌をブロックする働きをしてくれています。

例えば、化粧水・美容液・乳液・クリームを1本に凝縮したオールインワン化粧品と言われるものは、便利なアイテムですが、本来混ざらない水溶性の成分と油溶性の成分を混ぜ合わせるため、界面活性剤を使用することがあります。その界面活性剤やパラベンなどの成分が、肌を守る常在菌を減少させる原因になっています。また、潔癖性の方に多いのですが、必要以上にお肌をゴシゴシ洗って、常在菌のバランスを崩し、トラブル(乾燥肌など)を招く原因になっている場合もあります。

黄色ブドウ球菌は常在菌のひとつですが、常在菌の均衡が保たれている状態はトラブルを招きません。使用する化粧品の成分、スキンケアの方法によって、普段おとなしくしている常在菌の病原性を引き出してしまうことがあるのです。菌とヒトは普段から共生していますが、菌側かヒト側か、どちらかに何か変化を生じると、そこにトラブルが発生するということです。

キメラボでは、
育菌スキンケアでキメづくりのアドバイスも行っていますので、
お気軽に京都三条富小路のお店にお越しく下さい。

お肌に良い菌が住みやすい環境をつくり、キメのある健やかな肌をつくっていきましょう♪

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 9 =